読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

意外なことで元気に↑↑

仕事

先月、ある接遇研修に参加させてもらった。

 

仕事柄、今までも何度かそういった機会はあり、

日頃からも「笑顔!」「挨拶!」と、よく注意を受けている。

 

元気な時はいいけれど、忙しさや気持ちの波で、

「笑いたくても笑えへんわ」っていう時もある。

それでもちゃんとしないといけないことはよくよくわかっているけど、

きっとみんなそうだと思う。

 

今回は、講師の方が元CAということで、かなり興味深かった。

 

でもまた、いつも注意されていることの繰り返しかなと思っていたけど、

今回は意外にも、重点は笑顔や挨拶ではなく、

 

「しっかりと返事する!」

「言われたらすぐ動く!」

 

他にも諸々テーマはあったけれど、私にとってはこの二つのことが強烈に印象に残り、明らかにこの日を境に、気持ちが元気になった。

 

講師の方が何か言われる度に

「”はい” は?」「返事は?」 

「〇〇してください、はい! 言われたらすぐに動きましょう!!」と促され、

こっちも皆、戸惑いながらその通りになった。

 

なんだか学校の授業みたいだなぁと懐かしくもあり、

こういうこと、日常にないなーと、すごく新鮮だった。

 

ほんとよく考えたら、問いかけに返事一つきちんとできなければ、

挨拶だけできるってことはない。

 

最近は、隣の人が困っていても知らん顔してたり、

何か聞いたり言っても返事してるのかしてないのか。

それを見てる自分も「そんなんでいいの?」って思いつつ何も言えなかったり、

すぐそばにいても、連絡や伝言はメールやメモをベタベタ貼ったり。

もちろん正確に伝えるのも大事だけど、なーんか、気持ちや一言が足りないというか・・・

 疑問もありつつ、 すっかり「そういうもん」だと思うようにもなってしまい、

少なからずそう言う自分だって無意識に同じことをしてるかもしれない。

 

でも今回、無理やりな勢いとはいえ、元気に返事をして意思表示をしたり、

周りを気にしすぎずにパッと行動することで、

上手く言えないし大げさかもしれないけど、何かつかえていたものがスっと取れた気がした。しかも、それを何度も繰り返したことで、どんどん自分の気持ちも楽しくなり、明らかに全体の空気も和やかになっていったのがわかった。

モチベーションが上がるって、こういうことかなと。

「できない」「イヤ」と思うことも、「やってみようかな」って思わせる空気。

 

もちろん、講師の方がそういうのを引き出すのが上手いというのもあったと思うし、

私が同じことをしても、そんな空気は作れないと思う。

 

で、そんな良い発見があり、「ちゃんと返事していこう!」って思ったのに、実際は守れてないし、忘れてるけど(-.-)

 

でもでも、最初はただ単に「良い研修やったわー」って思っていたけど、どうも考えれば考えるほど、それ以降自分は元気になったなぁって、思い続けている。

 

いろんな悩みや不満で悶々とする毎日。

考えて考えても答えがでず、いろんな矛盾にも苦しむ。人の評価も気になる。

自己嫌悪、何に対しても悲観的でマイナス思考。

 

それは性格もあるだろうけど、ほんの少しだけ突破できたのは、

意外なことからだった。返事自体が良いのか、何かを引き出してもらったのが良かったのか・・・ 両方かな。 そういうのを待ってのかもしれない。

 

悩みが解決したとかじゃないけど、小さなことでも手応えを実感すると、

自信にもなる。

 

 この研修、準備してあった資料はあまり使われなかったなぁ。

マニュアルにないことを教えてもらった。

 

改めて、返事と行動も、大事な接遇。

 

プロ意識に欠けると言われたらそれまでだけど、

「笑顔で挨拶」って、簡単に言うけど難しい。できないこともある。

でも、返事は一言。「返事ならできる」って、思った(^^ゞ

 

人のためにも自分のためにも

元気に「はい!」言うていきます ♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦