読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

割り切って頑張る

チェロ

今日はチェロのレッスン日だった♪

 

前回かなり叱られたので、すっかりテンションが下がってしまったけれど、

でもまぁ何とか、今日も時折チクチク指摘されつつ、ある程度の注意は言われても

「こんなもんかな」と割り切ってやっていこうって思った。

マイペースすぎるのも先生には申し訳ないけど(^^ゞ

 

長く続けていると、先生からすれば「出来て当然」

仕事しながら場所も借りて練習している私にとっては「これ以上無理」

 

そりゃ、だんだんと感覚の差もあいてくる。

 

でも難しくなってくると甘いことも言ってられないし、練習時間が増やせないなら、他にできること考えていこうって思った。

 

楽譜にはもちろんその都度色々教わったことを書き足しているけれど、

そういうのも箇条書きできちんとまとめて、いつでも見られるように整理してみよう。楽器と譜読みばかりじゃなくて、ひとつでも多くのことを頭に入れないと。

 

わざわざ辞めなくても、何せ担ぐの重いし┌(┌^o^)┐ 体力的な限界もたぶん数年で来るだろうな。今でも既に、以前は平気だった駅の階段とか、もうゼーゼー言いながら上がってるし。

 

レッスン日にそのまま仕事へ行く時は、職場で楽器を置かせてもらっていて、

別に誰に迷惑をかけているわけではないけれど、何かやっぱり気が引けるなと思っていたら、Iちゃんが「せっかく(楽器)買ったんだから頑張らないと!」って言ってくれて、あぁそうだなって、すごく嬉しかった。

 

そして「竹刀で休憩時間にす振りしている人だっているし、自分の物持ってくるのは何だって一緒やん」と言ってくれた人も。ただ、「管理は自分の責任やで」と、それはその通り。

 

人生の中でチェロを弾ける時期なんて、きっと今だけ。

いつか楽器と離れることを思うと寂しいけれど、

重くてギブアップしたら、次は何を習おうかな ( ̄∀ ̄) ぐらいの気持ちで

 

音楽はずっとやってきいたい♦♫♦・*:..。♦♫♦*゚¨゚゚・*:..。♦

 

そして何歳になっても、人から何かを「教わる」ことや、その時間は大事だと思う。

お花を習っていたときもずっとそう思っていた。

 

楽勝だと思っていた、バッハのメヌエット。全然終わらない(-_-;)

でもとりあえず、停滞しても叱らても、頑張ろう!