読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第九

 

年末の第九のチケットを取りました♪

 

以前は毎年聴きに行っていたけれど、去年は行かず、今年も最近までは予定して

いなかったけれど、先日あるコンサートに行ったのをきっかけに、

やっぱり行きたくなりました。

 

クラシックを聴くようになり始めた頃、「とりあえず、第九を生で聴いてみたい」と一番に思いました。

 

ピアノ講師をしている同級生が、「初めて”一万人の第九”を聴きに行った時に感動で涙が止まらなかった」と言っていたのを覚えていたので、自分はどうかなとワクワクしながら・・・正直、号泣まではいかなかった  (-.-) でもたぶん、規模の違いだろうな。私は普通のコンサートでしか聴いたことがないから。

 

でも、もうかれこれ5回以上聴きに行っているけれど、毎回最後にはホロっときてしまう。やっぱりウルウル (T_T)&感動は毎回同じ。でも第九は1時間強あるので、

正直途中はウトウト・・ついついそんな時もあります。

 

オーケストラも、合唱もそれぞれ大好き。同時に聴けるのは私にとっては夢の世界。

迫力もすごい。他の曲でもこういうのはあるんだろうけど、よく分からないし、聴く機会もないから、良く知っていて自分で行こうと思うのはやっぱり第九になる。

 

第九を年末に聴くのは日本特有だそう。元々は時期にかかわらず何かの節目や記念に演奏されるのだと、何かで読んだか聞きいたか、そう覚えています。

 

なので私も、たまたま春の第九のコンサートにも二度行ったことがあり、確かに記念イベントでした。しかも、偶然それが5月の自分の誕生日だったことがあり、

人生で誕生日に第九が聴けるなんて、本当に良い記念になりました。

 

 

この時期、各地で続々と第九のコンサートがあり、私も今まで都合に合わせて

京都や大阪で聴いてきたけれど、年末は仕事納めと重なることが多かったために、

今回初めて。一年の締めくくりに、清々しい気持ちで聴けるといいな。

 

コンサート、以前は座席にもこだわっていたけれど、今は内容によりけり。

安い席でもいいから、数をたくさん行ける方がいい。