読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チェロで困っていること

チェロ

担ぐのが重い、難しい、調弦、、、、

 

チェロを習っていて大変なことはたくさんあるけれど、

楽器のメンテナンスを安心して行えないことが、常に悩みのタネ。

 

もともとチェロに関する知識もないまま弾くばっかりで、

レッスンを続けながら行き当たりバッタリで先生にいろいろ教えていただいてきた。

 

弦を替えたり、弓を買い換えたり、不具合を見てもらったりと何やかんやで楽器屋さんには行ってはいるけれど、楽器自体を購入したお店は少し距離が遠く、それよりも近くで見つけた他のお店は個人のお店で、なーんか行きにくい。

 

楽器屋さんってどうしても、高い物を売りつけられたり、買わなくて良いものを勧められる感じがして、担当が良い人でも、なかなか安心して気さくに頼るということができない。

 

楽器屋さんは、一定の期間で弦を替えたほうが良いと言うけれど、先生にはとことんまで使えば良いと言われる。確かに、弾く量は人によって違うのに、何ヶ月で替えるべき・というのは、

私のようにそれほど弾く量が多くなくて、特に低音の弦なんかは実際に劣化しているようにも見えないので、それでも替えなくてはいけないのかなと、疑問。

 

知識に関しては、もちろん自己流でもっと勉強しなければならない。

ただ、実際に調べたりもするけれど、わかってないまま変に知識を得てしまうのも、

単なる勘違いや思い込みだったりして、先生から逆に注意されたりもする。

 

そういう繰り返しでなんとかやっています。

f:id:hiro2yan:20060305224347j:plain

 画像は、暑い夏の作品、プリザーブドフラワー

グリーンネックレスと貝殻が涼しげ(見えるかな?)